リュウノウギク
<2009年10月>(霜降) リュウノウギク

リュウノウギク
秋も半ば過ぎ。だんだん、野山に咲いている花も数が減ってゆく。
そんなころに、ようやく、真っ白い花を咲かせるリュウノウギク。
土手の陰で、3輪の花が並んでいた。

(和歌山県紀の川市 2006年10月28日 *istD 35mm F8 sRGB WB=太陽光)
<= 霜降 写真 a
<= 2009年寒露 目 次 2009年立冬 =>

撮影雑記:
この日は、和歌山方面まで出かけて、山登りをしたものの、思ったより花が咲いていませんでした。
「花、ないなぁ…」と山を下っていると、ようやく、並んで咲いているリュウノウギクがありました。

でも、実は、この写真、元の画像は、露出に失敗しているのです。
白い花が飛ばないようにと、アンダーにしすぎていました。
いちおう、その場で、カメラの液晶画面で確認したと思うのですが、ちゃんと見ていなかったのでしょう。

でも、ここからが、デジタルのいいところ、露出をオーバー側に調整して、さらに、シャドー補正も すると、このように、花も背景もよくわかる写真になりました。

参考までに、元の写真も載せておきましょう。



この写真を撮った時は、かなり暗くて、今にも降り出しそうでした(実際、下山したら雨が降ってきました)。
雰囲気重視ならば、最初の写真は、ちょっと明るく補正しすぎかもしれませんね。
まあ、写真の露出というものは、どういう風に見せたいかで変わると思いますが。