シオギク
<2010年1月>(大寒) シオギク

シオギク
さすがに、1月も半ば過ぎでは、シオギク(キノクニシオギク)の花も終わっていた。
でも、色とりどりに黄葉したシオギクが、出迎えてくれた。
緑色から濃い黄色、枯れて茶色になったもの、意外な美しさに出会えた。

(和歌山県由良町 2009年01月25日 K20D 35mm F6.3 sRGB WB=オート)

<= 2010年小寒 目 次 2010年立春 =>
撮影雑記:
仲間との撮影旅行で、由良町の白崎海岸を訪れました。

このあたりの海岸に来れば、会えるだろうと思っていたキノクニシオギク。
冬に咲く花とはいえ(花の時期は12月)、さすがに、花は終わっていました。
でも、代わりに、黄色く色づいた姿が、出迎えてくれました。

厚みのある黄葉。縁取りと、葉裏の白が、何ともいえない造形美?をかもし出しています。
固体によって、ちょっとずつ色合いがちがうし、形もちがって、なかなかおもしろい。

冬の海岸も、行ってみるものです。