キノクニシオギク
<2010年12月>(大雪) キノクニシオギク

キノクニシオギク
寒風吹きすさぶ、紀伊水道に面した海岸。
その岩場に根を下ろして、たくましく咲いているキノクニシオギク。
こんな季節、こんな環境に咲いているのが、不思議な気がする。

(和歌山県由良町 2009年12月06日 K-7 35mm F8 sRGB WB=オート)
大雪 写真 b =>
<= 2010年小雪 目 次 2010年冬至 =>

撮影雑記:
この年の1月に訪れた由良町の白崎海岸で、キノクニシオギク(キイシオギクとも言います)が たくさんあるのを見つけたのですが、さすがに花は終わっていました。
(→ 「花の二十四節気」2010年大寒 シオギク

12月になり、もう咲いている頃と思って、再び訪れてみました。
咲いていました!
岩場のあちこちに、大小の群落を作って、咲いています。
これは、いちばん大きかった群落で、遊歩道脇の岩場にありました。



しかし、ものすごい、北風です。
1月に訪れたときも風が強かったですが、この日は、さらに強かった。
多少なりとも、岩場の陰にいないと、体ごともっていかれそうな風です。
しかも、刺すように冷たい。

どうやら、このあたりは、冬場、日本海から紀伊水道に向かって、北風の通り道のようです。
でも、ビュービューの風にあおられながらも、気がつけば、2時間ほども粘って撮影していました。